2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GP京都の前にスリーブの話

さてさて、引っ張りに引っ張ったスリーブについての話をGP前にしようと思います。


長々と小言的なことを書きますが、大前提としてスリーブは汚れるものです。
それを頭において、メンテナンスを怠らずクリーンに楽しくマジックを楽しめるようにしましょう。




オススメとしましては、
競技性の高い大会の場合、スリーブは毎回新品もしくはそれに近いものを使いましょう

競技レベルの大会に出る人の中には「当たり前」と思われる方もいらっしゃると思いますが、近頃GPT、PTQのような競技性の高い大会でもスリーブに無頓着な方が多いのが現状です。

よくある現状として2つ程紹介。

・スリーブの上の角が割れている。
・スリーブの角が何枚か折れ曲がっている。


これらはデッキチェックを行うと、確実に識別できてしまいます。
これらは規則性がなく、故意でないと考えられる場合には221. 区別できるカード ─ パターンがない場合
のペナルティに該当し、警告のペナルティが与えられます。

もし、土地だけが識別できたり、故意であった場合には、
もちろんもっと重いペナルティが与えられるのは言うまでもありません。
今回は当たり前ですが故意でないスリーブの汚れ等のお話です。



じゃあ、新品のスリーブを使えば全く問題なのでは?
と感じられるかも知れませんがそういうわけでもありません。

まず、競技レベルの大会では、裏に模様のあるスリーブは使用できません
また、裏にキラキラの物も×です。
裏にMagicというロゴの入ったマジック公式スリーブが使用可能かどうかは
きっと京都でヘッドジャッジがアナウンスをするのではないかと思われます。
自分は、使用しないのが無難だと思います。

そして、新品のスリーブには初めから不具合が入っているものがあります。
使用する前は、マーク、長さ、ライン、側面の光具合等で気になることがないかをチェックしてください。
これはスリーブにカードを入れないと分からない場合もあります。

次にカードをスリーブに入れる際。
スリーブの入り口を押さえつけてカードを入れないでください。
これをしてしまうと、押さえつけた所に確実にパターンがついてしまいます。

ここまですれば、デッキチェック等でスリーブが汚いとかパターンがある等を言われることはまずないと思います。

そして、プレイ時の注意点としては、難しいことですがサイドボードのカードとメインボードのカードが区別できないように気を配ることができればバッチリです。


全てのチェックをしないといけないわけではありませんが、こういうことに注意するとなお良いということを心の何処かに留めておいていただければ幸いかと思います。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://samoamagic.blog91.fc2.com/tb.php/16-660148b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FUTURE SIGHT カードプレビュー 1 «  | BLOG TOP |  » 新・ペナルティガイドライン 後編

FC2カウンター

S-Cup22th 決勝動画

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Samoa

Author:Samoa
S-Cupへのお問い合わせ先↓
nekomyr@hotmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。